お金

確実に貯金をするコツ3つ【お金に困らない為に】

さちまる
貯金が全然貯まらなーーーい

あなたは今、毎月どの位貯金できていますか?

「貯金をしたいのに中々貯まらない」

「気付いたら使いすぎている」

「毎月給料日前はカツカツになってしまう」

このような悩みを解決します。

この記事を読むと、毎月確実に貯金をする方法が分かります。

私はこの方法で大学生時代、平均収入月9万円の中で年間60万円、社会人になってからは年収の4分の1程を安定して貯金する事ができています。

貯金をするコツ3つ

①先取り貯金

ぶっちゃけ貯金の確保は先取り貯金でしかできません。

先取り貯金とは給料が入ったら先に貯金する分を別の口座に移すなどして、残ったお金で生活するという方法です。

理由は、財布にお金が入ってたら全部使ってしまう、それが人間というものだからですね。

貯金をしたいのであればその分を財布(または口座)から抜いてしまって使えない状態にしてしまえばいいだけなのです。

今でさえお金が足りてないのにこれ以上使えるお金が減ったら困る!という人もいると思いますが、毎日の食費が足りなくて毎日もやし食べてますとか家賃3ヶ月滞納しちゃってますって人以外は必ずできます。

どういうことかっていうと、人の欲求っていうのは青天井なのでまだこれだけお金がある!というのを見ると「これいいな…買えるな…欲しい!」となって際限なく使ってしまいます。

その証拠に給料日前のカツカツになってる時にデパコスを見て「どうしても欲しい…今週は雑草食べて食費削ればいいや!買っちゃお!」とはあんまりならないですよね。

つまり、使えるお金が無いのなら我慢できるはずなので最初から貯金以外のお金で暮らすように決めちゃえばいいんです。

毎月確実に貯金をするコツ、それはズバリ先取り貯金です。

②固定費を見直す

先ほど述べたように貯金額の確保は先取り貯金しかありません。

じゃあ急に生活費が先月より減るとなると少しでも節約する為に割引の食材を買ったり、エアコン使うの我慢したりしないといけないの?と思ってしまいますよね。

でも食費や光熱費は毎月変動があるものなのでこまめに節約したところで削れる金額は大したことありません。

それより絶大な効果が期待できるのが固定費の見直しです。

固定費の代表的なものとして

家賃 携帯代 インターネット代 保険代 サブスク などです。

この辺りは割と高い値段を毎月支払っていますよね。

家賃はすぐに下げることは難しいと思うので、お勧めなのは使ってないサブスクを解約する、格安SIMやネット保険への切り替えですね。

ただデメリットもある物なので値段の為だけに変えてしまうのは危険です。よく調べた上で検討しましょう。

あとは個人的には自販機で買う飲み物も固定費だと思っています。

毎日職場でお昼に150円の缶コーヒーを買っているとします。月20本買ったら3000円ですね。

インスタントコーヒーを自分で淹れて飲むようにすると1杯あたり約15円、月300円になり2700円削減できます。

こだわりは無いけどなんとなく自販機で飲み物買っちゃうなって人は辞めましょう。

③支出管理をする

お小遣い帳をつけましょう。

何にどのくらいお金を使っているのかを把握することは②でも述べた固定費の見直しや、浪費してる対象の分析、衝動的な無駄遣いを防ぐ為に重要になってきます。

手書きでもいいですが、おすすめはお小遣い帳アプリです。

クレジットカードと銀行口座を登録すると自動で家計簿を作ってくれるアプリと、自分で手入力するアプリがあります。

いちいち入力するのが面倒な人は自動アプリが効率的に支出の確認と分析を行えて便利です。

ですが私はあえて手動入力するアプリを使っています。理由は、キャッシュレス払いを多用するからです。

キャッシュレスをあまり使わない現金派の人からよく「お金を使ってる感覚が無いから使い過ぎてしまう」と聞きます。

そうなんです。便利だけど使ってる実感が無くなるんですよね。

その問題を解決する為に、支払いをしたらその場でアプリにすぐ入力!これをする事で今の買い物でいくらのお金を使ったぞという感覚を残します。

面倒ですが毎回やってると慣れます。レシートは必ず貰って入力するまで捨てられないというルールにすると結構良いです。

お小遣い帳アプリを使った支出管理をやりましょう。

計画的に貯金をしよう

いかがでしたか?何となくお金が溜まって欲しいなと思っていては勝手に貯金が増えることはありません。

海外旅行に行ったり、高性能なPCを買ったり、投資をしたり、計画的に貯金をして豊かな人生を手に入れましょう!

-お金
-

© 2022 さちまる生活 Powered by AFFINGER5